作品名はschooldaysです

このアニメは、アダルトゲームを原作として作られたアニメです。主人公と2人のヒロインの恋愛の三角関係を描いた物語。恋愛物語がどろどろすぎて問題なったアニメです。自分的には、気に入らないところもあるけど、その分、感情移入がものすごく入りやすいアニメでもあると思います。主人公、伊藤誠とヒロインで、同じ通学電車に乗っていた桂言葉と伊藤誠の幼馴染で親友の西園寺世界。ある日、伊藤誠は、桂言葉に好意を持っていた。学校には、ある噂があり、3週間好きな相手の写真を携帯の待ち受け画面にして、隠し通すと願いが叶うという噂があった。しかし、誠は、世界にばれてしまった。しかし、世界は、誠を応援することになり、誠と言葉は交際することになった。しかし、誠は言葉とすれ違いの連続。助言を授けてくれた世界に欲情を持つことになる。そして、世界は、隠していた、誠への思いに抑えられなくなってしまい、肉体関係になってしまう。ここで、誠は自制心を失ったため、ほかの女性とも肉体関係になってしまう。ここで、自分は、誠への無責任間に怒りを覚えました。しかし、見るのをやめることはなかったです。怒りを覚えても続きが気になったからです。自分は、言葉のことをかわいそうと思いました。最後の方になると、世界から妊娠していないのに妊娠したと打ち明けられる。誠は孤立するが、世界の狙い通りにはならず、言葉とのよりを戻そうとする。世界は、誠から中絶するように言われてしまい、誠を刺殺してしまう。その後、誠の死体を発見した言葉は、世界を刺殺し、世界のお腹を切って妊娠していないことを確認する。そして、誠の頭部を抱えヨットで海に消えていく。この話を最後まで見てみると、怒りという感情が湧いてきました。そんな感情が湧くほど感情移入が入りやすいことがわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です