名探偵コナンの名作

私が面白いと感じた映画は「名探偵コナンベイカー街の亡霊」で、これはビデオをレンタルしてきて視聴しました。
名探偵コナンと言えば、殺人事件の推理が醍醐味になりますが、本作はそういった部分が中心ではないため、異色の作品とも言えると思います。
本作はバーチャル世界の中でコナンらの登場人物が、いかに現実世界に戻るか?という点がメインになっています。
したがって、殺人事件も起きますけど、それはストーリーの中の一部であり、二の次といった扱いになっています。
いつものコナンの映画のストーリーとはちょっと違うのですが、そこが際立って面白く感じられる理由になっており、ゲームの中の世界で活躍するコナンの姿というのも非常に格好よく映っています。
ゲームの世界ではありますけど、結局はその状況でいかに推理をして、ゲームをクリアするか?現実世界に戻るか?という点に主眼が置かれているので、結局はコナンの醍醐味である推理ものにはなっていますが。
この映画はバーチャル世界の舞台がイギリスのロンドンになっており、さらにシャーロックホームズがいた時代となっています。
実際に作品ではコナンが憧れているホームズが登場し、推理で四苦八苦しているシーンではコナンの背中を押すシーンなどがあります。
そういったコナンならではとも思える面白い試みもありますが、やはり舞台がゲームの世界なので、ホームズを登場させることができるわけで、この特殊な舞台設定が本作の面白さの根源にあると言えるのです。
名探偵コナンはこれまでに数多くの面白い映画作品が存在していますが、その中でも特に面白いと言える映画になりますから、コナンのファンじゃない人がいても楽しい時間を過ごせると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です