青春サッカーいいね!

私がオススメするマンガは「エリアの騎士」という江ノ島高校のサッカー部の青春を描いたものです。主人公の逢沢駆(あいざわかける)は、日本サッカー界の至宝と言われた兄の傑(すぐる)の弟で、交通事故により兄は亡くなってしまいます。その兄を心臓を移植され、サッカーに対する思いが腐りかけていた駆が再び奮起し、W杯を目指してサッカーに奮闘するという物語です。これまでサッカーマンガは読んだことはなかったのですが、このマンガに出てくる主人公以外のキャラクターの個性とそれぞれに描かれた過去が非常に心に刺さります。それぞれが問題にぶつかり、サッカーに対する気持ちを失いかけているところに主人公の駆のひたむきな姿勢を見せることで次第にサッカーへの熱い気持ちを思い出し、高校選手権大会で優勝を目指していきます。駆が壁にぶち当たった時、死んだはずの兄の傑が心臓を通して蘇り、超人的なプレーで試合を大きく動かしていくシーンはとても爽快感があり、感動します。最初は兄に支配されているだけの駆でしたが、次第に兄との共存が可能となり、駆自身の技術として習得していきます。もともとサッカーの素質があった駆が周りを巻き込みながらオリンピック代表、プロサッカー選手としても成長していくシーンはワクワクします。優秀な兄を持った弟の気持ちもしっかりを描写されており、もやもや感もすごく伝わってきます。
サッカーのシーンもいろんな技や迫力のある画力で勢いが伝わりますし、絵がとても上手いので女性キャラクターがかなり可愛いです。プロサッカーリーグ2部の優勝までで、それ以降の1部リーグでの活躍やW杯についてもっと長くマンガを続けられたのに途中で終了したような最後で残念でした。もっと見たいというくらいで終わるマンガ、スラムダンクみたいな最後でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です