仮面ライダー1号

石ノ森章太郎さん原作で、日本人ならば知らない人はいないであろう特撮テレビドラマ『仮面ライダー』の第一作放映から45周年を記念してつくられた実写映画です。本郷猛・仮面ライダー1号を演じるのはもちろん、藤岡弘、さんです。
大胆にデザインを一新した映画版の1号のデザインにも驚かされました。でもそれ以上に、45年前のゲルショッカー編を思わせる衣装で、「おやっさん、一緒に行こうぜ」と、立花藤兵衛(故・小林昭二さん)の写真を胸に、ネオサイクロンで疾走する藤岡さんがかっこいい。
そして、大杉漣さん演じる地獄大使がまたかっこいい。テレビ版とは違う黒一色の鎧も、怪人態ガラガランダが平成ライダーで多用されていたことからか、顔面だけ毒蛇になって鞭を振り回す戦闘シーンもまたかっこいい。「地球は俺の獲物、それを汚そうとするノバショッカーは許してはおけん!」という言い回しもいいです。
最終決戦で、地獄大使がラスボスに隙を作り、その機会を逃すことなく、3人の仮面ライダーたちが次々にライダーキックを蹴り込んで止めを刺すシーンはここ数年の『仮面ライダー』映画の中で最も緊迫感がある戦闘シーンと言えます。
2016年当時放送されていた『平成仮面ライダー』シリーズの『仮面ライダーゴースト』からも、天空寺タケル・仮面ライダーゴースト、深海マコト・仮面ライダースペクター、ヒロインの月村アカリらが出演していますが、完全に食われています(笑)。
なお、オリジナルの『仮面ライダー』では壊滅しているはずのショッカーが細々と活動を続けていたりなど、いわゆる「リ・イマジネーションワールド」(『仮面ライダーディケイド』で描かれた、原典とは違う設定を織り交ぜて再構成された世界)と考えた方が自然に楽しめていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です