ヤマトがいい

わたしが初めて“面白い・好きだ”と思ったアニメが「宇宙戦艦ヤマト(1974年放送版)」です。
小学生だったころにテレビで再放送されており、ストーリーのスケールの大きさ、個性的で深みのあるキャラクター描写に惹かれ、まさに…画面に食い入るようにして見ていました。

特にお気に入りだったキャラクターは「アナライザー」。そして、ささきいさおさんによるテーマソング(とりわけ「真っ赤なスカーフ」)が素晴らしく…聞くたびに感動していたのを覚えています。

さて、ストーリーの大筋は次の通り。
設定は未来。地球外国家(異星ガミラス)からの放射能攻撃による大気汚染で、もはや地表での生活が不可能になった地球。そこに、遠く離れたイスカンダル星から放射能を除去する装置があるとの連絡が…。そこで、人々は沈没していたかつての大型戦艦「大和」を修復・改造…、再び人々の希望を託された大和は、今度は“地球消滅・人類滅亡の危機を救うべく”放射能除去装置を取りに宇宙に旅立っていくというもの。

ただ、単なるSF作品とは一味も二味も違うのが、このヤマトという作品の魅力!

実際の歴史がシッカリとベースになっているうえ、船の仕組みや人員配置、戦闘シーンなどもすべてが綿密に計算されていることから「歴史パロディ」として、また各キャラクターには(家族・過去のトラウマなどまで)細かな設定がされており、その心理描写も丁寧かつ巧みになされていることから「上質な人間ドラマ」としても楽しむことができるんですよね!

そこには(単なるSF/宇宙ものの枠に収まらない)圧倒的なリアリティと説得力、奥深さがあり…スゴイの一言。また…原発事故や相次ぐ天災、民族・宗教間の紛争…そうしたニュースに溢れる今、この作品が70年代に既に描かれていたということを思うと、作者である松本零士先生の未来を見通すチカラにただただ感服するばかりです。

青春サッカーいいね!

私がオススメするマンガは「エリアの騎士」という江ノ島高校のサッカー部の青春を描いたものです。主人公の逢沢駆(あいざわかける)は、日本サッカー界の至宝と言われた兄の傑(すぐる)の弟で、交通事故により兄は亡くなってしまいます。その兄を心臓を移植され、サッカーに対する思いが腐りかけていた駆が再び奮起し、W杯を目指してサッカーに奮闘するという物語です。これまでサッカーマンガは読んだことはなかったのですが、このマンガに出てくる主人公以外のキャラクターの個性とそれぞれに描かれた過去が非常に心に刺さります。それぞれが問題にぶつかり、サッカーに対する気持ちを失いかけているところに主人公の駆のひたむきな姿勢を見せることで次第にサッカーへの熱い気持ちを思い出し、高校選手権大会で優勝を目指していきます。駆が壁にぶち当たった時、死んだはずの兄の傑が心臓を通して蘇り、超人的なプレーで試合を大きく動かしていくシーンはとても爽快感があり、感動します。最初は兄に支配されているだけの駆でしたが、次第に兄との共存が可能となり、駆自身の技術として習得していきます。もともとサッカーの素質があった駆が周りを巻き込みながらオリンピック代表、プロサッカー選手としても成長していくシーンはワクワクします。優秀な兄を持った弟の気持ちもしっかりを描写されており、もやもや感もすごく伝わってきます。
サッカーのシーンもいろんな技や迫力のある画力で勢いが伝わりますし、絵がとても上手いので女性キャラクターがかなり可愛いです。プロサッカーリーグ2部の優勝までで、それ以降の1部リーグでの活躍やW杯についてもっと長くマンガを続けられたのに途中で終了したような最後で残念でした。もっと見たいというくらいで終わるマンガ、スラムダンクみたいな最後でした。

名探偵コナンの名作

私が面白いと感じた映画は「名探偵コナンベイカー街の亡霊」で、これはビデオをレンタルしてきて視聴しました。
名探偵コナンと言えば、殺人事件の推理が醍醐味になりますが、本作はそういった部分が中心ではないため、異色の作品とも言えると思います。
本作はバーチャル世界の中でコナンらの登場人物が、いかに現実世界に戻るか?という点がメインになっています。
したがって、殺人事件も起きますけど、それはストーリーの中の一部であり、二の次といった扱いになっています。
いつものコナンの映画のストーリーとはちょっと違うのですが、そこが際立って面白く感じられる理由になっており、ゲームの中の世界で活躍するコナンの姿というのも非常に格好よく映っています。
ゲームの世界ではありますけど、結局はその状況でいかに推理をして、ゲームをクリアするか?現実世界に戻るか?という点に主眼が置かれているので、結局はコナンの醍醐味である推理ものにはなっていますが。
この映画はバーチャル世界の舞台がイギリスのロンドンになっており、さらにシャーロックホームズがいた時代となっています。
実際に作品ではコナンが憧れているホームズが登場し、推理で四苦八苦しているシーンではコナンの背中を押すシーンなどがあります。
そういったコナンならではとも思える面白い試みもありますが、やはり舞台がゲームの世界なので、ホームズを登場させることができるわけで、この特殊な舞台設定が本作の面白さの根源にあると言えるのです。
名探偵コナンはこれまでに数多くの面白い映画作品が存在していますが、その中でも特に面白いと言える映画になりますから、コナンのファンじゃない人がいても楽しい時間を過ごせると思います。

自分がおススメしたいのはアニメのスラムダンクです

自分の小学生の頃はとてもこのスラムダンクが流行っていて自分もこのスラムダンクの影響でミニバスに入り仲間と共に汗を流して頑張ったものです。漫画も全巻持っていてそちらも素晴らしいのですが自分はアニメのほうが好きですねまず主題歌がとてもスラムダンクによく合っていて映像見るたびに口ずさみたくなる魅力があります自分が一番好きなのは君が好きだと叫びたいですね歌詞の明日を変えてみようという所は実際バスケをしていたので自分の何気ない努力や毎日の積み重ねしたことから自信になっていきましたね。もうこの作品も古いですが今の作品とは比べ物にならないほどの内容の熱さがあって見ていて熱中できます設定としてはありきたりなものですけどそれがまたいいんですよね王道でバスケ初心者の桜木がどんどん成長していくところがまた見ているこちらの気持ちを盛り上げてくれます。
そして個性的な仲間達との友情や試合に向かっていくシーンなどはとても心に残りますし名シーンでもあるバスケから離れていた三井がバスケ部に復讐しようとするけど本当は自分もバスケしたくてたまらなくて安西先生にバスケがしたいですというシーンではもう涙が止まりませんでしたね。そしてそのあとの三井のバスケに対するひたむきさは見ていてがんばれとつい声援を送っていました陵南戦で途中で試合に出られなくなりポカリ飲みながらなぜ俺はあんな無駄な時間をという涙を流している所はとても印象に残りました。
海南戦で桜木が最後パスミスして試合に負けて自分の責任だと頭を丸めたところは子供ながらに確かにそういう気持ちにもなるよなと思いましたしその桜木が陵南戦での活躍特に終盤での相手の監督の想定外の働きをするところなどは心の中に刻まれています試合が終わった後の赤木が泣いているところに桜木がさあ整列だという声をかけるところも感動的なシーンでした。バスケを知らなくても十分楽しめるのでスラムダンクをよく知らない世代などにはぜひ見てもらいたいなと思います。

藤原竜也、大沢たかお、松嶋菜々子が出演している「藁の楯」がとても好きです。

もともと藤原竜也の演技が好きで、藤原竜也が出演しているドラマや映画は必ず見るようにしていますが、藁の楯は今まで見た映画の中で一番おもしろいと思った映画でした。まず、キャストが豪華でどの人も役に合っていたので違和感なくストーリーが入ってきました。大沢たかおが演じる銘苅刑事の妻が亡くなってからの、少し暗い雰囲気というか闇を抱えていそうなキャラクターで、自分の中での妄想ストーリーを支えに生きているところになんとも言えない気持ちになりました。松嶋菜々子はとてもクールで仕事ができる刑事だが一人息子の母でもあるところに親近感を覚えました。そして藤原竜也は相変わらずのクズ役で、またそれがとても似合っていてしっくりきました。ストーリー的には、殺された孫娘のために10億の懸賞金をかけて犯人を殺してもらうという、なんともダイナミックな内容にも終始ドキドキしました。国民全員、そして警察官や機動隊などの人を守る側の人間までもが10億円のために清丸を殺そうとするところに人間の本質を描いている感じがしました。ストーリー中には所々アクションシーンも入っており、松嶋菜々子が戦うところはスマートでかっこよく見えました。他にも大型トラックが横転したり大爆発がおきたりとダイナミックな演出がとても良かったです。ストーリー終盤に白岩が清丸に殺されてしまい、それに憤慨した銘苅が清丸を追いつめるシーンはこの映画の中でも一番好きなシーンです。今まで一番冷静だった銘苅が清丸に銃を突きつけて殺そうとするところに唾を飲みました。あのシーンでの大沢たかおの迫力に驚きました。最終的にみんなが殺そうとした男を守り抜いた銘苅の信念と執念を感じました。藁の楯は本当に何回見ても楽しめる映画です。

銀魂は人気でしたね

原作、アニメ、実写化映画第1作を見たうえで公開初日に見てきました「銀魂2掟は破るためにこそある」。

第1作がとても面白かったのでそれ以上のものを期待して見に行きました。感想は前作をはるかに超える面白さ、ギャグとシリアスがうまい具合に織り交ぜされ原作負けしないキャストの演技力には圧倒されました。原作のキャラがそのまま出てきたようなぴったりすぎるキャストのチョイス、豪華すぎる出演者の起用で叩かれがちな漫画の実写化で大成功した作品だと思います。これだけ豪華な出演者を2時間の上映時間で収めるには無理があるのだろうとは思いますが、ちょっとしか出てこなかった方が多くもっと見たかったです。今作では新撰組メインの話で柳楽優弥さんがとても光っていましたね。鬼の副長と恐れられる土方十四郎と根暗でオタクのトッシーの2つの人格を演じ切った演技力には圧倒されました。トッシーの人格が出てくるきっかけは原作とは違いましたが、伊東鴨太郎の黒幕感が強調されてこれはこれで良かったのではと思いました。アクションシーンもさすがという感じですね。列車の中で吉沢亮演じる沖田総悟と橋本環奈演じる神楽が同じ敵と戦いつつも、お互いが毛嫌いしている感が出ていてとても原作に忠実でした。吉沢亮見たさに映画館へ行った方も多いのではないでしょうか。沖田総悟の再現度が前作も含めて1番高かったと思います。監督の采配にはあっぱれですね。前半の将ちゃんおもてなし編では原作でも人気のいじられ将軍がいい具合に再現されていてとても面白かったです。その前半とは打って変わって、後半のアクションシーン、感動のラストには思わず涙が出てしまいました。原作で結末は知っているものの、出演者の演技力や空気感にグッと引き込まれました。2時間くらいでは足りないくらい、もっともっと見たくなる映画でした。なんならシリーズ化してこれからも見て行きたい映画館でした。次の作品を期待して☆9つけさせていただきました。

原作者、さくらももこさんのご冥福をお祈りいたします。

私は、ちびまる子ちゃんがずっと大好きです。
ほのぼのとしたこのアニメは、観る度にほっこりとした気持ちになります。とにかくまる子ちゃんが可愛いです。おかっぱ頭が似合っています。独特のしゃがれた声も大好きです。ちょっと不器用でのんびりした
性格だけど、そこがまた愛されるキャラクターなんだと思います。のんびりしすぎていて、お姉ちゃんやお母さんに怒られることが多いです。しかし、絶対に怒らないのは、まる子ちゃんよりもっとのんびり穏やかなおじいちゃんです。おじいちゃんのキャラクターも憎めなくて、可愛らしくて癒されます。まる子ちゃんとおじいちゃんのやりとりは、面白くてニヤニヤしてしまいます。こんなに自分のことを溺愛してくれるおじいちゃんが側にいてくれたら、子供は安心できると思います。そして、お父さんも厳格とは程遠い感じの人です。なんだかてきとうに生きている感じが、かえって魅力的だと思います。そんな、ユニークな人達が集まった家族からは、笑いの絶えないほのぼのした雰囲気が伝わってきます。こんなに面白い家族は本当にあるのかな、と思う時があります。家族って素敵なものだと改めて実感できます。そして、なくてはならない人物は、まる子ちゃんの親友のたまちゃんです。眼鏡をかけておっとりした優しい女の子です。まる子ちゃんと仲良くしているシーンは、心が温まります。仲良しのたまちゃんの存在があるからこそ、まる子ちゃんを楽しい学校生活へ導いてくれていると思います。放課後もよく2人で遊んでいます。
子どもの頃を思い出させてくれます。懐かしさと、人と人との温かさが素晴らしく描かれていると思います。多くの人達に愛され続ける作品だと思っています。

原作は小説で、その小説がアニメ化された作品です。

私が現在最高にハマってる作品は、「オーバーロード」というアニメです。

オーバーロードはゲームの世界が現実化したという作品です。
DMMORPG・ユドラシルは絶大に人気を誇ったゲームでしたが、時代と共に人気が衰えとうとうサービス終了することに。
サービス終了までログインしていたプレイヤー・モモンは、サービス終了後にこの世界から抜けられなくなりました。
GMコールは使えませんし、今まではなかった嗅覚も備わっている。
しかもNPCが意思を持って行動までしています。
これは一体?何が起こってる?とモモンの住むナザリック地下大墳墓周辺を部下のセバスに調べさせると、周囲の地形は以前と別物になっており違う世界に転移したことを知ります。
同じようにこの異世界に飛ばされたプレイヤーはいないか?ここは一体どういう世界なのか?と意思をもったプレイヤー達と共に探っていくというストーリーになってます。

この作品で気に入ったのは、プレイヤー・モモンやNPC達の圧倒的な強さです。
ユグドラシルでは最高レベル(100)であったモモンですが、どうもこの世界ではlv30程度でも相当強い部類です。
魔法は第1~第10位階の10段階あるものの、第三位階の魔法を使えるのは相当な熟練者とのこと。
数百年生きてる伝説の魔法使いフールーダですら、第六位階の魔法を使うのがやっと。
なのにモモン達は第10位階魔法をやすやすと使えますし、モモンに至ってはさらに上位の超位魔法まで使えるんですよね。
課金アイテムを使えたりするのも、面白いですね。

後、NPC達とモモンの意識差も笑えます。
NPC達からすると、自分達を創ってくれたモモン(モモンとギルドメンバーであった41人)は文字通り創造主、つまり神的存在です。
モモンに絶対的忠誠を誓っているだけでなく、ナザリック地下大墳墓を統べる有能な支配者と考えています。
転移時にモモンが口した言葉を明後日の方向に解釈し、モモンはこの世界の王になろうとしてる!と考えます。
しかしモモンは盟主ながらも、中身は普通の人間です。
王になろうなんて考えてませんし、NPC達に見限られないか有能な支配者を演じるので精一杯。
この意識差が色んなトラブルを招き、シリアスなギャグになってるのが最高に笑えますし気に入ってます。

SAOが好き

「ソードアート・オンラインII」はソードアート・オンラインシリーズの中ではいちばん好きです。ストーリーはソードアート・オンラインの事件から1年後から始まります。

ストーリーはVRMMOのゲーム、ガンゲイル・オンラインで起こった不審なデスガン事件から始まります。調査のためと頼まれたキリトがガンゲイル・オンラインを始めるのですがそこはきらびやかな剣の世界ではなく、荒れ果てた銃の世界のゲーム。そこでキリトはヘカートⅡを愛用しているスナイパー「シノン」と出会います。

ゲームで殺し、リアルでも人を殺した「デスガン」とは誰なのか。密かにシノンに迫る危険な魔の手などスリリングな展開のストーリーです。

銃の世界なのにキリトが剣使ってるのがウケます。バレットラインをよんで玉よけたり弾いたりして「むちゃくちゃやん」って気がしますがチートなので仕方ないですね。シノンはヘカートⅡという銃を愛用していてこちらは正統派スナイパーです。ですがトラウマを抱えていてその闇がとても深かったりします。

ストーリーはラストまでしっかりしていたので個人的にはとても気に入っているアニメです。キリトの長髪やシノンのキャラクターも可愛い。

デスガンが最後までわからずどうするのかというのも面白かったですね。シノン編はアスナなど前回のソードアートオンラインメンバーはほとんど出てきません。シノンの過去を探るために後半少し出てきます。

シノン編が終わってからこれで終わりかなと思っていたら、エクスキャリバーを探したりなどちょっと箸休め的な回が数回あります。その後、アスナとユウキの絶剣編がありますがでもこれは特にいらないかなぁ…ですがユウキのラストは切なくて涙しました。

 

クリアネオの口コミ

作品名はschooldaysです

このアニメは、アダルトゲームを原作として作られたアニメです。主人公と2人のヒロインの恋愛の三角関係を描いた物語。恋愛物語がどろどろすぎて問題なったアニメです。自分的には、気に入らないところもあるけど、その分、感情移入がものすごく入りやすいアニメでもあると思います。主人公、伊藤誠とヒロインで、同じ通学電車に乗っていた桂言葉と伊藤誠の幼馴染で親友の西園寺世界。ある日、伊藤誠は、桂言葉に好意を持っていた。学校には、ある噂があり、3週間好きな相手の写真を携帯の待ち受け画面にして、隠し通すと願いが叶うという噂があった。しかし、誠は、世界にばれてしまった。しかし、世界は、誠を応援することになり、誠と言葉は交際することになった。しかし、誠は言葉とすれ違いの連続。助言を授けてくれた世界に欲情を持つことになる。そして、世界は、隠していた、誠への思いに抑えられなくなってしまい、肉体関係になってしまう。ここで、誠は自制心を失ったため、ほかの女性とも肉体関係になってしまう。ここで、自分は、誠への無責任間に怒りを覚えました。しかし、見るのをやめることはなかったです。怒りを覚えても続きが気になったからです。自分は、言葉のことをかわいそうと思いました。最後の方になると、世界から妊娠していないのに妊娠したと打ち明けられる。誠は孤立するが、世界の狙い通りにはならず、言葉とのよりを戻そうとする。世界は、誠から中絶するように言われてしまい、誠を刺殺してしまう。その後、誠の死体を発見した言葉は、世界を刺殺し、世界のお腹を切って妊娠していないことを確認する。そして、誠の頭部を抱えヨットで海に消えていく。この話を最後まで見てみると、怒りという感情が湧いてきました。そんな感情が湧くほど感情移入が入りやすいことがわかりました。